市場の拡大

水虫の市場は拡大しており注目が集まっています

水虫の治療薬で特に今後の動向が注目されているのは、爪白癬治療薬です。爪白癬は、水虫の原因菌が足や手の爪に感染して起こる爪の水虫です。水虫の潜在的な患者数は国内1100万人とされ、そのうち800万人が足に感染しています。爪白癬の治療薬が好調に売れており、海外でも収益が見込まれています。特に米国の爪白癬症の潜在的な患者は約3500万人で、市場規模は日本の3倍以上です。爪白癬治療薬の販売が好調の理由は、塗り薬という形態です。従来、爪白癬の薬は飲み薬のみでしたが、塗り薬なら指1本単位での治療が可能になることにメリットがあります。また、海外での販売が好調な理由は、宣伝効果だけではなく、治療効果が医師の評価されている点です。水虫の治療薬の販売は注目が集まります。

水虫の注意点は、家族感染を防ぐことです

水虫の感染は公共施設などが考えがちですが、実は感染の大半は家族内感染です。 家族内感染を防ぐためにも注意すべき点があります。お風呂に一緒に入るのは問題ありませんが、バスマットは生乾きの物は使用せず、感染している人とは別の物を使用します。また、靴やスリッパを共有しないことです。 洗濯の場合は、感染している人の衣類と感染していない人の衣類を一緒に洗濯しても問題はありません。 水虫に感染した場合は、積極的に治療をすることが大切です。市販の塗り薬もありますが、皮膚科で検査が可能で水虫であるか判断することができます。 水虫に感染しないためには、足を常に清潔に保つことです。またクツは通気性があまり良くないため、水虫ができやすい環境でもあります。同じ靴を履き続けることはせず、1日履いた靴は休ませ殺菌をすることを心がけます。